Jリーグ スタジアム観戦すべきか調査

サッカーボール

日本のプロサッカーリーグであるJリーグは、1991年に設立されまだ歴史の浅いリーグです。とは言えJリーグが設立されてからというもの、サッカー人気はどんどん高まり今では試合のたびにサポーターたちでスタジアムが満員になるほどです。サポーターたちの間では、試合の際にスタジアム観戦をするのが好きな人とテレビ観戦をするのが好きな人に別れるという調査結果があるようです。

スタジアム観戦をするのが好きな人は、やはり生で試合を観ることによってその場の空気を一緒に感じられるのが最高だと言います。家でひとりで観ているときにはない盛り上がりを、周りのサポーターたちと一緒に体感できることでより一層試合を楽しむことができるのです。テレビではどうしてもボールを持っている人を中心に写しがちですが、その場にいれば好きな選手だけを追いかけることもできます。

一方、テレビ観戦をするのが好きという人が挙げるのが、解説があることによってより試合が分かりやすくなるということです。ルールにあまり詳しくない人に撮って解説があることで理解しやすくなりますし、そのプレーの何がどうすごかったのかということも聞くことができるのです。

いちばんいいのは、スタジアムでラジオで実況解説を聞きながら観戦することです。

サッカーボール

スタジアム観戦とテレビ観戦の両方で楽しむ

サッカーボール

日本の男子サッカーの最大リーグであるJリーグは、J1からJ3までのカテゴリーがあります。J1には18チーム、J2は22チーム、J3は17チームが順位を競い合います。春から秋にかけてホームとアウェイを均等になるように日程が組まれていてJ1は年間をとして34節あり、J2は42節、J3は34節の試合が主に土日で調整されています。

熱心なサポーターはホームもアウェイもはスタジアム観戦に行って応援をしていますが、金銭的にも移動も厳しいサポータには、アウェイはテレビ観戦で楽しんでいる人もいます。現在ではネット配信によって全試合が配信されているため、契約することでいつでもオンデマンドで見ることができます。録画することはできないため、期間限定のタイムシフト再生によって楽しんでいます。

スタジアムの醍醐味は臨場感が味わえることや他のサポーターと一緒に応援できることです。テレビの場合は、解説者による分析や説明があるのでJリーグのことをより詳しく知ることができます。J1とJ2は、下位のチームは降格、上位のチームは昇格をかけてた高くことになります、そのため、特に11月末や12月初旬には優勝や進退の決定する時期なので白熱した争いやさまざまなドラマを見ることができます。

サッカーボール