スタジアム観戦する場合のセキュリティ

選手

Jリーグが開幕した事で日本の各地にプロサッカーチームが出来ています。好きなチームや地元のチームを応援するためにスタジアム観戦をする機会も増えて来た事でしょう。スタジアムには数万人もの人が集まるので万全なセキュリティを保つ必要があり、そうなるよう常に努力されています。

スタジアムにはセキュリティの観点から持ち込めない物もあります。爆竹や発煙筒といった危険な物は当然持ち込めませんし、ジュース等のビンや缶も持ち込むことは出来ません。日本ではあまり馴染みが無いですが海外ではフーリガンと呼ばれる過激なサッカーファンがいて選手やサポーターに怪我人が出る事があるため、少しでも危険な可能性のある物は持ち込めないようにしてあります。

また、応援にもマナーがあり他人の迷惑になる行為は当然急ける必要があります。垂れ幕や横断幕に差別的な内容や公序良俗に反する内容を書き込む事はサポーターやチームの評価を下げるだけでなくJリーグ全体の評価を落とす事になるのでやってはいけません。

スタジアム観戦が難しい場合はテレビ観戦になります。解説があったりリプレイ等もじっくり見る事が出来るので純粋にサッカーの試合を楽しむという場合にはテレビ観戦の方がいいという面もあります。