静岡県はサッカー王国呼ばれた

サッカーボール

静岡県は有名なサッカー選手を多数輩出しています。Jリーグ発足時から見ると、三浦知良、武田修宏、長谷川健太、大榎克己、名波浩などがおり、のちには小野伸二、川口能活、内田篤人などみんな静岡県出身です。まだまだ数え切れないほどのJリーガーがいます。静岡県がサッカー王国と呼ばれるようになったのはどうしてでしょうか。

話は大正時代に遡ります。藤枝東高校の前身となったある中学校の校長先生がサッカーを校技と定めたのが始まりと言われています。他の中学校では当時、野球に力を入れているところが多かったのですが、その校長先生は「野球は道具がたくさん必要。学校や生徒の負担になる。サッカーならシューズとボールがあればできるから」と考えたのです。それが周囲に広められていったと伝えられています。

また、静岡県中央部には自動車工場や機械工場などが多くあり、ブラジルから出稼ぎに来ている人も多くいました。そういった方たちとサッカーを楽しんでいるうちにますます発展し、サッカー王国と呼ばれるまでになったのでしょう。

しかし、人気アニメ「キャプテン翼」などの影響でサッカーを始める子どもが全国に増え、他の地域のレベルも底上げされてきたことで、静岡県はサッカー王国というのは過去の話になりつつあります。

サッカー好き